おすすめのロボット教室

子供や親にとってのおすすめロボット教室はどこ?店舗数が多い教室や料金が安い教室をランキング形式で紹介

お子様の習い事の選択肢としてロボット教室が注目されているのをご存知ですか?

2020年より小学校でもプログラミングが必修科目となってきます。

 

「必修化に向けてロボット教室通わせてみたいけど一体どこがいいのかわからない…」

「子供を安心して任せられる教室はどこなんだろう?」

 

とお困りの方も多いと思います。

この記事では当メディアおすすめ教室や体験教室、店舗数が多い教室などをご紹介します。

 

教室を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 指導は丁寧で子どもは集中して受けられているか
  • 授業の雰囲気や通っている子供は楽しそうか
  • アクセスは良好か

実際に教室を選ぶときや体験教室に行く際はこの3つに注目してみましょう。

 

ぜひこの記事を参考に、お子様を安心して通わせられる教室を見つけてみてください!

 

おすすめロボット教室TOP5

おすすめロボット教室TOP5をご紹介します。

 

  1. ヒューマンアカデミー
  2. リタリコワンダー
  3. クレファス
  4. アーテックエジソンアカデミー
  5. プロ・テック倶楽部

 

以下では各教室の教育方針や店舗数、コース、料金を説明していきます。

どこに行くか迷っている方は、ランキングを参考に体験教室に行ってみてください。

 

1位:ヒューマンアカデミー

引用:ヒューマンアカデミー公式HPから引用

ヒューマンアカデミーは全国に約1400教室以上あります。

たくさんの指導経験を積んでいるため、どんなお子さんにも柔軟に対応できます。

 

ヒューマンアカデミーでは自分で考えて、発想力を伸ばすことを大切にしています。

授業中、動きがスムーズにならずに先生に助けをお願いする子供も出てきますが、先生は考え方のヒントを与えるだけです。

自分で試行錯誤して、動くように設定していきます。

それによって発想力が鍛えられて個性が引き出されるのです。

 

ロボットを正確に組み立てることで、集中力や観察力も補うことができます。

そして、完成されたロボットを改造していくことで想像力と空間認識能力も育てていくカリキュラムになっています。

 

授業回数は月2回

他に習い事をしているお子さんでも負担なく通うことができます。

 

ヒューマンアカデミーのコースと料金一覧

【ヒューマンアカデミーのコース一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

コース 期間 概要
プライマリーコース 1年間 直感的にロボット製作ができるコース。パーツ名を覚えたり、パーツ数や取り付け位置を数えることを通して文字を読む力や数を数える力を育んでいきます。
ベーシックコース 1年6ヶ月 テキストを見ながら正確にロボットを製作するコース。構造や動きの仕組みを学ぶことができます。完成したら今度は自分だけのオリジナルロボットへ改造していきます。
ミドルコース 1年6ヶ月 複雑な構造でベーシックコースからレベルの上がった動きをするロボットを製作するコース。設問は記述式が増えて、自分の考えを論理的に説明する力を養います。
アドバンスコース 2年間 図面を見ながらロボット製作をする本格的なコース。本格ロボットの3要素を加えてミドルコースまでになかった自律的な賢いロボットを組み立てます。グループワークで到達目標を設定して改造していきます。12ヶ月以上ミドルコースを受講した生徒が対象です。

 

【ヒューマンアカデミーの料金一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

入会時の費用 入会金 10,000円
ロボットキット代 28,500円
月額の費用 授業料 9,000円
テキスト代 500円

 

丁寧な指導が魅力の教室です!

体験は無料となっていますので、気になる方は体験に行ってみてはいかがでしょうか?

 

ヒューマンアカデミーをさらに詳しく知りたい方はこちら

ヒューマンアカデミーの体験教室はこちら

 

2位:リタリコワンダー

引用:リタリコワンダー公式HPから引用

リタリコワンダーは東京都を中心に約15店舗展開されています。

また、6月には立川。7月には押上・吉祥寺が新しくオープンする注目のロボット教室です。

 

ロボットだけでなくプログラミングやデジタルファブリケーションといったテクノロジーを活用したものづくりを学ぶことができます。

子どもたちが自分で考えて試行錯誤しチャレンジするといった経験から得られる力を大事にしているスクールです。

AIにも真似できない新しい価値観を生み出し、創造する力を養うことができます。

 

授業回数は月2回と月4回が選べます。

他に習い事をしているお子さんでも、ロボット教室1本に絞るお子さんにも両方通いやすい教室です。

 

リタリコワンダーのコースと料金一覧

【リタリコワンダーのコース一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

コース 対象年齢 概要
ゲーム&アプリプログラミングコース 小学1年生〜高校生 パソコン・スマートフォンで遊べるゲームやiPhoneアプリの製作をするコース。造り手側の考え方も理解でき、ゼロから何かを創造する力を養います。
ロボットクリエイトコース 年長〜小学3年生 ロボットの製作〜パソコンでプログラミングして動かすところまでをおこなうコース。プログラミングの基礎をロボットを通して学んでいけます。
ロボットテクニカルコース 小学3年生〜高校生 モーターやセンサーの仕組みを理解し、ミッションをクリアしていくコース。自分の興味関心があるものを掘り下げてより複雑なロボット構造や高度なプログラミングを習得します。
デジタルファブリケーションコース 小学1年生〜高校生 3Dプリンターやデジタル工作機器を使ってものづくりをするコース。デザインから作るので自分のオリジナルのものを製作することが可能です。

 

【リタリコワンダーの料金一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

入塾金 16,200円
授業料 月2回 11,880円

月4回 19,440円

教材費 月2回 1,080円

月4回 2,160円

教室運営費 1,620円

 

体験教室は無料でおこなっています。

ぜひ足を運んでみてください。

 

リタリコワンダーをさらに詳しく知りたい方はこちら

リタリコワンダーの体験教室はこちら

 

3位:クレファス

引用:クレファス公式HPから引用

クレファスは現在国内外でおよそ64店舗展開しています。

海外でも通じるプログラミングを学ぶことができます。

 

アクティブラーニングという主体的・協働的に学ぶ学習を大切にしています。

自ら興味関心を持ち、能動的に得た知識は将来社会生活をする上で課題を発見し、その解決に向けて研究、実践できる社会人になることを目標に掲げてカリキュラムを組んでいます。

ロボット製作を通して課題解決する力を養うことができます。

 

授業回数は月3〜4回。本気でプログラミングを学びたいお子さんにはぴったりです。

 

クレファスのコースと料金一覧

【クレファスのコース一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

カリキュラム コースと対象年齢 概要
ジュニアエリート BASIC 年長

STANDARD 小学1年生

ADVANCE 小学2年生

子供が実際に自分の手で試行錯誤を繰り返してものづくりをしていくコース。学んでいく中でPDCAサイクルを身に着けていきます。
Crefusコース【ブロンズ/シルバー/ゴールド】 BRONZE 小学3年生

SILVER 小学4年生

GOLD 小学5年生〜

ロボットを題材としてメカニズムの基礎、プログラミングの基本、ものづくりに必要な算数、物理、電気の基礎について学習していくコース。
Crefusコース【プラチナ/M2/M3】 PLATINA ゴールド修了者

M2 PLATINA修了者

M3 M2修了者

センサーを使用して宝探しをするロボットやデータの収集をおこなうコース。ロボット競技会を通して学習の成果も発表します。
Crefusコース【SS SS M3修了者 Crefusの最上級コース。レゴ教材から卒業して本格的なロボットキットを使って学んでいきます。高度なプログラミング、ロボット作製をすることができます。

 

【クレファスの料金一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

入会金 16,200円
ロボット代 57,283円
追加パーツ

小学校3年生 0円

小学校4年生 15,768円

小学校5年生〜 20,763円

受講料

小学校3年生 14,040円

小学校4年生 15,120円

小学校5年生〜 16,200円

維持費 1,080円
教材費 1,080円

 

本格的なプログラミングお子さんにを学ばせたいと思っている方におすすめの教室です。

 

クレファスをさらに詳しく知りたい方はこちら

クレファスの体験教室はこちら

 

4位:アーテックエジソンアカデミー

引用:アーテックエジソンアカデミー公式HPから引用

アーテックエジソンアカデミーは全国に700校以上展開しています。

 

ロボットの組み立てとプログラミング両方ができるスクールで、理解力や論理的思考力を育むことを大切にしていることが魅力。

ロボットの組み立ては10種類のパーツを簡単につなげてロボットを作ることができます。

子どもたちは限られたパーツで自由に好きなようにロボットを組み立てていきます。

 

一方プログラミングはマウス操作でできるので、簡単に直感的に操作できます。

しかしただ簡単なだけではありません。

「関数」や「リスト」を用いて本格的なプログラミングを学ぶことができます。

ロボット組み立てやプログラミングを通して大人になったとき必要な能力を高めていきます。

 

授業回数は月2回です。

 

アーテックエジソンアカデミーのコースと料金一覧

【アーテックエジソンアカデミーのコース一覧

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

コース 対象年齢 概要
アーテック自考力キッズ
(2年間)
6才〜小3 パズル、ロボット、プログラミングの3つを同時に学ぶことができるコース。小さなお子様でも、テキストに沿いながら、それぞれのお子さんでものペースで取り組むことができます。
アーテックエジソンアカデミー
(2年間)
小4〜中学生 毎月1体新しいロボットを作って学んでいくコース。テキストにはただロボットの組み立て方が記載されているわけではなく、実際の生活でどこにこの仕組みが活用されているのかを丁寧に解説しています。ミッションも用意されているので子供は飽きずに取り組むことができます。
エキスパート編
(1年4ヶ月)
小6〜中学生 より高度なロボット作製に挑戦するコース。ロボット工学の3要素(センシング・ソフトウェア・メカニクス)を深く学んでいくことができます。ロボット工学の仕事をしたいと思っているお子さんにはぴったりのコースです。

 

【アーテックエジソンアカデミーのコース一覧

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

初期費用 入会金 10,000円
ロボット代 25,000〜50,000円
月額費用 授業料 9,000〜12,000円

体験授業は無料で、プログラミングとロボット操作の体験課題をすることができます。

気になる方は是非体験に足を運んでみてください。

 

アーテックエジソンアカデミーをさらに詳しく知りたい方はこちら

アーテックエジソンアカデミーの体験教室はこちら

 

5位:プロ・テック倶楽部

引用:プロ・テック倶楽部公式HPから引用

プロテックは関東を中心におよそ16店舗展開している教室です。

中でも東京都が一番多く8店舗は東京都にあります。

 

予測不可能な未来にも対応できる問題解決力や新たな価値を生み出せる力を身につけることを目標に掲げています。

プログラミングはあくまで手段のうちでしかありません。

技術の習得だけでなく、プログラミングを通して創造力や実践力を鍛えていきます

 

プロ・テック倶楽部のカリキュラムではプログラミングしたものがどう動くかまで学ぶことができます。

普段の生活の中でプログラミングがどう活かされているのか理解しながら作っていくことでものづくりの大切さを知ることができるのです。

 

授業回数は月1回です。習い事を複数おこなっているお子さんでも無理なく通うことができます。

 

プロ・テック倶楽部のコースと料金一覧

【プロ・テック倶楽部のコース一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

コース 対象年齢 概要
1st Stage 年中・年長 ビジュアル言語を用いて、Edisonという手のひらサイズのロボットを制作するコース。
2nd Stage 小学校1・2年生 Scratch(スクラッチ)を中心としたビジュアル言語を用いてゲーム作りをするコース。
3rd Stage 小学校3・4年生 Scratch(スクラッチ)を中心としたビジュアル言語でセンサープログラミングに挑戦するコース。
4th Stage 小学校5・6年生 「C/C++類似言語(Arduino言語)」でプログラミングの基礎を身につけるコース。
5th Stage 中学校1・2年 「C/C++類似言語(Arduino言語)」を用いてものからものへ情報を行き来させるプログラミングを身につけるコース。
6th Stage 中学校3年生・高校1年生 Python(パイソン)とRaspberryPi(ラズベリーパイ)を使ってインターネット経由で情報を収集する方法を身につけるコース。
7th Stage 高校2・3年生 Python(パイソン)とRaspberryPi(ラズベリーパイ)を使って、AIでの創作活動をするコース。

 

【プロ・テック倶楽部の料金一覧】

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

入会金 10,000円
実習費 1st〜2nd 4,500円
3rd 5,500円
4th 6,000円
5th 6,500円
6th 6,500円(初回のみ教材費7,000円)
7th 7,000円(初回のみ教材費7,000円)

 

他の習い事と両立をしたいお子様にはぴったりの教室です。

ぜひ無料体験に行ってみてください。

 

プロ・テック倶楽部をさらに詳しく知りたい方はこちら

プロ・テック倶楽部の体験教室はこちら

 

ロボット教室のおすすめ体験教室

体験教室のコースと内容を表にまとめました。

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

教室 コース 概要
ヒューマンアカデミー 体験用ブロックでのロボット作り
  • 30分という短い時間で受けられる
  • 通っているお子さんに混じって授業を受けられる
  • 親は子供が受けている間に説明を受けられる
リタリコワンダー
  • ゲーム&アプリプログラミングコース
  • ロボットクリエイトコース
  • ロボットテクニカルコース
  • デジタルファブリケーションコース
  • 体験教室の内容に固執することなく子供たちが作りたいものを作れる
  • 親は別室で見学できる
  • 体験授業は60分
クレファス

ロボット作り

  • 実際に通っているお子さんと一緒に受けられる
  • 組み立てをした後に理解を深められるように工夫されている
アーテックエジソンアカデミー 体験用ブロックでのロボット作りとプログラミング
  • 教室によって無料のところがある
  • 親にはテレビ画面でわかりやすく説明
プロ・テック倶楽部 プログラミング
  • 親への丁寧なガイダンスがある
  • 90分という長い時間でじっくり体験できる

 

体験用のロボットを使って体験授業をおこなうところが多いようですね。

 

当メディアが特におすすめする教室はヒューマンアカデミーです。

短い時間でサクッと体験できるのでお子さんも飽きることがありません。

通っているお子さんと同じ空間で受けるので実際の授業の空気感も体験できます。

 

料金はすべて無料で体験できるので気になるところに行ってみてください。

 

店舗数が多い順ロボット教室ランキング

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

 

ダントツで多いのがヒューマンアカデミーですね。2位のアーテックエジソンアカデミーと2倍近く違います。

大手の教室なので指導経験が豊富で、安心してお子さんを通わせることができますね。

リタリコワンダーは現在15教室ですが、毎月新教室ができているので注目の教室でもあります。

 

料金が安い順ロボット教室ランキング

入会時にかかる費用と月額費を合わせて一番安い金額を比べてランキングにしました。

*スマートフォンの方は右にスクロールできます

順位 教室 金額
プロ・テック倶楽部 14,500円
リタリコワンダー 30,780円
ヒューマンアカデミー 48,000円
アーテックエジソンアカデミー 65,340円
クレファス 89,683円

 

ダントツで安いのはプロ・テック倶楽部でした。

クレファスは本格的なプログラミングを学ぶ教室なので初期費用が高くなってしまう傾向にあるようです。

 

ロボット教室の費用や月謝についてもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事もあわせてどうぞ!

関連記事:ロボット教室にかかる費用や月謝はいくら?費用対効果が高い教室も合わせて紹介

 

楽しく学べるロボット教室を見つけましょう!

今回はおすすめのロボット教室やおすすめ無料体験教室、料金が安い教室ランキングなどをお伝えしました。

今一度おさらいをしていきます。

 

おすすめ無料体験はヒューマンアカデミーです。

実際に通っているお子さんと同じ教室で体験を受けることができるので実際の授業と近い感覚で受けることができます。

 

店舗数が多いロボット教室もヒューマンアカデミーでした。

国内に1,300店舗展開している大手の教室です。

指導経験が豊富なので安心してお子さんを任せられます。

 

料金が安い教室はプロ・テック倶楽部です。

1万円台で受けることができるので、家計にも比較的優しい教室になっています。

 

ロボット教室は様々ありますが、お子さんが夢中になって通える教室を見つけることが大切です。

どこの教室も体験授業は無料で受けられるので積極的に行ってみましょう。

 

以上「子供や親にとってのおすすめロボット教室はどこ?店舗数が多い教室や料金が安い教室をランキング形式で紹介」でした!